太陽光発電に並ぶ新エネルギー「地熱発電」とは? その2

2018年04月20日


前回太陽光発電に並ぶ新エネルギー「地熱発電」とはでは、地熱発電のしくみについてご説明しました。
今回は、地熱発電のメリットをご紹介します。

地熱発電のメリットとは


地熱発電の最大のメリットは何と言っても環境面です。
蒸気を発生する為に化石燃料を必要としません。よって二酸化炭素の排出量が少ないんです。
さらに日本は世界でもトップクラスの火山国です。多くのエネルギーを生み出せる可能性が高いのです。
さらにメリットを紹介致します。

CO2排出量がほぼゼロ
繰り返し発電が可能な、再生可能エネルギー
日本国内で完結するエネルギー資源
枯渇する心配がない
季節や天候に影響を受けにくい

などが挙げられます。再生エネルギーであること、季節や天候の変化を受けにくいことは他の新エネルギーには無い強みといえるでしょう。

地熱発電の今後の課題とは<

現在地熱発電は全体の電力需給の0.3%ほどしかありません。
なぜなんでしょうか。地熱発電のこれからの課題を紹介します。

温泉や温泉地に少なからず影響を及ぼす
国からの支援が乏しい
地熱発電の知名度が低い、発電所が少ない
候補地の多くがすでに環境保護区に指定されている
地質調査など、発電が始まるまでのコストが高い。

しかし、経済産業省は2030年までに、地熱発電の設備量を約140〜155万kWに増やすことを目標に様々な取り組みを進めています。

まとめ

熱発電の最大のメリットは「CO2排出量がほぼゼロであること」ですが、コスト面で課題が残っています。
これからの取り組みに期待です。

 

九州エネコではこれらの理由からオール電化をお勧めしています。

オール電化についてご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

お問合わせはこちら

その他のお知らせ

Copyright © 2018 kyushu-eneco Inc. All rights reserved. Illust by Joji Fujiyma.

このページに掲載しているあらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。