住宅用太陽光発電設置者の4割が「蓄電池で自給自足」を考えている?

2018年04月27日


住宅用太陽光発電設置者の4割が「蓄電池で自給自足」を考えている?

2017年9月に発表されたタイナビ総研のアンケートでは、太陽光発電を自宅に導入している世帯の4割が
「電力買い取り期間終了後は蓄電地で自給自足していきたい」と回答しました。
ここではそんな太陽光発電の設置状況と設置後の満足度についてご紹介いたします。

太陽光発電の設置状況と設置後の満足度に関するアンケート調査

■調査概要 太陽光発電の満足度と節電意識に関するアンケート調査
■有効回答 太陽光発電の設置を検討したユーザー672 名
■調査方法 インターネットによるアンケート調査
■調査期間 2017 年 7 月 6 日~2017 年 7 月 20 日
■タイナビ総研 http://www.tainavi-soken.com/

※グラフは四捨五入の関係上、合計が 100%にならない場合がございます。

次世代エネルギー業界の発展のための調査研究及び広報活動等を行う「タイナビ総研」を運営する株式会社グッドフェローズ(本社:東京都品川区、代表取締役:長尾 泰広)は、全国の太陽光発電を検討したユーザー672 名を対象に第 4 回となる「太陽光発電の設置状況と設置後の満足度の調査」を実施しました。
今回アンケート調査の回答者のうち、488名が「太陽光発電を設置している」と回答し、72.6%が太陽光発電の設置を検討後、実際に設置していたことがわかりました。
また、“ポスト FIT 時代”の到来を前に、太陽光発電設置者に「発電した電力の買取期間が終了した後はどうしますか」と質問したところ、43.9%が「蓄電池を買って自給自足する」と回答しました。

太陽光発電を設置した人の満足度 95.3%!4 年連続 95%以上が満足と回答!

太陽光発電を設置した人に、「太陽光発電を設置して満足していますか」と質問したところ、95.3%が「満足している」と回答し、4 年連続で 95%以上が満足していることがわかりました。

まとめ

太陽光発電を設置した人の「発電した電力の買取期間が終了した後はどうしますか」と質問したところ、43.9%が「蓄電池を買って自給自足する」と回答しました
また95.3%が「満足している」と回答し、4 年連続で 95%以上が満足している

 

九州エネコではこれらの理由からオール電化をお勧めしています。

オール電化についてご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

お問合わせはこちら

その他のお知らせ

Copyright © 2018 kyushu-eneco Inc. All rights reserved. Illust by Joji Fujiyma.

このページに掲載しているあらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。