知っているとすこし自慢になる? 再生エネルギー用語集

2018年06月29日


再生エネルギーについていくつかご紹介してきましたが、まだまだ浸透していない再生エネルギーやその用語が多くあります。
今回は再生エネルギー用語を説明します

再生エネルギー用語集

用語 説明
グリーン電力 グリーン電力とは風力、地熱、太陽光などの自然エネルギーによって発電された電力のことで、発電の際にCO2を発生しないのが特徴です。
メガソーラー メガソーラーとは、1MW(メガワット)以上の出力を持つ太陽光発電システムのことです。
主に、自治体や民間企業の主導により、空き地・堤防・埋立地・ビルや学校の屋上などに設置されています。
特に、2011年の東日本大震災の原発事故による電力不足を受けて、再生可能エネルギーへの関心が高まりました。
それに伴い、平成23年8月26日に成立した、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」に基づき、採算性が確保されたことにより国内でもメガソーラー建設が加速しました。
ストリング 複数の太陽電池モジュールを直列に配線して、まとまった電力が得られるよう互いに接続したものは、太陽電池ストリングと呼ばれます。
マイクロ水力発電 水力発電と同様に、水が落下する力を利用して発電用水車を回転させる発電方法です。出力が1,000~10,000kW規模の水力発電を「小水力」、100k~1,000kWを「ミニ水力」、100kW以下を「マイクロ水力」と呼びます。近年ではすべてを総称して「小水力発電」と呼ばれる場合が多いです。
洋上風力 海洋上における風力電力のことです。
木質バイオマス発電 バイオマスエネルギーには様々な種類があります。この中で、特に木質燃料を使った木質バイオマス発電について紹介したいと思います。
風力発電 風力発電とは再生可能エネルギーである風の力によって風車の翼を回転させ、このときに発生するエネルギーを用いて発電をする方法のことです。
燃料電池 燃料電池とは、水素と空気中の酸素を化学反応させて電気を作る発電装置です。発電効率が高く、従来の化石燃料のように有害物質を排出しないので、環境にやさしい発電装置として世界中で開発が進められています。
太陽光発電とは 太陽光発電とは太陽の光を「太陽電池」から電気に変えて発電する再生可能エネルギーです。太陽光発電は化石燃料を使った火力発電に比べたら環境汚染のリスクが非常に低いという利点があります。
海洋濃度差発電 海の塩水と河川の淡水の塩分の濃度差を利用した比較的新しいクリーンエネルギーの発電方法です。塩水と淡水が混ざることで大きな水圧が生まれ、その力を利用して発電を行います。
潮力発電 潮力発電とは潮の満ち引きによって生じる運動エネルギーを電力に変換する発電方式です。
波力発電 波力発電とは、風エネルギーによって引き起こされる波の上下運動を利用し、タービンを回す発電方式です。
廃棄物発電 廃棄物発電は、ごみ発電とも呼ばれ、可燃ごみを焼却する際の熱で蒸気を発生させ、タービンを回す発電方式です。
水力発電 水力発電とは、水が落下するときの力を利用して発電用水車を回転させる発電方式です。
地熱発電 地熱発電とは、地中深くの熱(地熱)よって生じた蒸気でタービンを回す発電方式です。

電力・エネルギーの用語集|PPS-NETより

まとめ

中には聞き馴染みのあるものもありますが、まだまだ知られていない発電が多々あります。
これから再生エネルギーの導入は行政が主体となってどんどん増えていくと思われます。
今のうちに知っておくと、ちょっと自慢になるかも?

再生エネルギー用語集 でした。

 

九州エネコではこれらの理由からオール電化をお勧めしています。

オール電化についてご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

お問合わせはこちら

その他のお知らせ

Copyright © 2018 kyushu-eneco Inc. All rights reserved. Illust by Joji Fujiyma.

このページに掲載しているあらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。