照明対策を行い高齢者の快適なライフスタイルを実現しよう!

2020年08月31日


年齢を重ねると増える目の悩み

高齢になると視力の低下や目が疲れるなど、さまざまなトラブルを感じるようになります。
新聞や本を読む時に文字が見にくくなったり、明るさや光が目の負担になったり疲れを感じやすくなるなどの若い時には悩まなかったトラブルを抱える人も少なくありません。
光や明るさは、快適な生活を送るために欠かせないものです。
また、心を落ち着かせてくれるなどさまざまなメリットがあります。
しかし、高齢の方は、照明の明るさが心地よいと感じられるばかりではありません。
時に負担になり、ストレスを感じてしまうこともあるようです。
これは、目の水晶体の弾力がなくなり目の周りの筋肉が落ちてしまうことも原因だと言われています。
世代が違う家族構成で一つの家に住んでいると、皆で同じ照明を使わなければいけません。
しかし、高齢者が快適な日常生活を送るためには、照明器具の明るさに注意することも大切だと言えます。

 

高齢者が注意したい照明器具の選び方

高齢者が安心安全に、そして快適に毎日生活するなら、お部屋の環境づくりにこだわってみましょう。
照明器具を高齢者向けにするだけで快適な日常生活を送ることも夢ではありません。
高齢者のための照明対策をするなら、明るさを重視することがポイントです。
お部屋全体に明るさが行き渡るように、照度が高めになる照明器具を設置してみましょう。
照明器具の設置位置が正しく、照度が高めになっていると、お部屋全体に明るさを感じられるようになります。
また、陰影ができることがないので、いつでも視界をハッキリさせることができます。
お部屋の大きさに合っておらず小さすぎる照明器具を使ってしまうと、全体に明るさを広げることはできません。
一か所だけに明かりや光が集まり、高齢者の目に大きな負担を掛けてしまうので要注意です。
しかし、高齢者には明るい照明が最適だといっても、明るすぎるものはおすすめできません。
負担を掛けずに明るさを確保するために天井に取り付けるものだけでなく、床や壁に設置できる照明器具も利用してみるといいでしょう。

 

高齢者の生活スタイルに合わせて照明を使い分けることもポイント

目や身体に負担を掛けずに快適な生活を送るには、高齢者のライフスタイルや場所に合わせて照明を使い分けると安心です。
夜間に明るすぎる照明を使うと目が冴えてしまい眠れなくなってしまうこともあります。
廊下など必要な時にしか使わない場所は、明るさが穏やかなものを選ぶといいでしょう。
また、階段など転倒しやすい場所には、人感センサーで反応する照明器具を取り付けると高齢者の安全対策になります。
高齢者が安心して日常生活を送るためには、若い世代の住まいよりも照明に気をつけてしっかりと対策しなければいけません。
照明が明るさに気をつけたりさまざまな場所に、照明器具を取り付けるとなると電気代が気になりますが、コストを抑えられるオール電化なら安心です。
電気代が気になる方は、高齢者のための照明対策をしながら同時に電気代の節約方法にも注目してみるといいでしょう。

 

その他のお知らせ

Copyright © 2020 kyushu-eneco Inc. All rights reserved. Illust by Joji Fujiyma.

このページに掲載しているあらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。